FC2ブログ

1月はらっぱの様子

24日(金)、今年最初の はらっぱ開催!
前日の天気とは打って変わり朝から晴れてポカポカ陽気~
空を見上げると木々の隙間から暖かな日差しが…
本当に気持ちいい~
ゴンタの丘の梅の木はチラホラ花を咲かせていました(^^

20200126170653695.jpeg



子どもたちは、あちこち駆け回ったり、汲んだ水を砂場に運ぶ作業を何度も…
ここへ来るといつも泥だらけ~夢中で遊びます^^


今日のメニューは『ミネストローネ~米粉パスタを加えて~』
ってことでまずは煮炊きの準備開始!

前日の雨で湿った地面…
乾いた薪を集めるのに時間がかかるぅ~と心配したけどみんなで力を合わせるとあっという間に集まり着々と準備が進みました。

今年から煮炊きのエキスパート、なっちゃんがオーストラリアへ行ってしまい、どうなることやら~と思っていたけど、みんなで試行錯誤しながらなんとか火起こしができお昼頃にミネストローネ完成!!

持ちより野菜を昆布出汁で煮込み、味付けは自然塩だけ。
お肉無しのとてもシンプルなミネストローネだけどお野菜の旨味たっぷりで本当おいしかったぁー
二歳の娘は何度もお代わりしてました^^

2月のはらっぱもお天気になるといいな~

お腹も心も満たされた娘は、この後、グッスリ寝んねタイムに入りましたとさっ…


20200126170730ced.jpeg
スポンサーサイト



1月例会の様子

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
2020年最初の例会は
「乳幼児からの性教育」

講師は誕生学アドバイザー、思春期保健相談士としても活躍されている中井聖先生。

先生は3姉妹のお母様でもいらっしゃり、ご自身の経験もふまえ子育てに関する思いや命のつながりを伝えていらっしゃいます。

先生の優しい語り口とわかりやすいお話の中で今回とても印象的だったものは

人生は自分らしく生きて、自分らしい失敗を沢山し、それでも自分は周りからも否定されることはない…という経験を積むこと。自分を大切にするためにも、嫌なことをはっきりNO!と言えるコミュニケーションがとても大切。

子どもたちのお手本は親。
夫婦のパートナーシップを大事にして、自分らしくこの人生を生きながら、幸せな大人の姿を子どもたちにみせていく。

人に迷惑をかけてはならない…のではなく、支え合いながら生きていく。

というものでした。
2歳8ヶ月の息子がいる私も、これから息子にさまざまな質問を投げかけられた時に、先生からご紹介いただいた本なども活用しながら、しっかりと「なぜ?」に向き合い、命を伝えていきたいと思います。

また質疑の時間では、
普段から子どもたちのちょっと気になる行動を相談したいと思っていたけれど、いざ誰に聞いたら良いんだろう??…と悩んでいたこと(卒乳後のおっぱいへの執着。プライベートゾーンに関すること。)などにお答えいただきました。
さまざま質問がメンバーから挙げられましたが、全てに通じるのは 子どもの行動を受け入れつつも、ママの気持ちもしっかり伝えることだと思いました。
いただいた回答のおかげで私自身も前向きに息子の行動に向き合えるようになりました。


先生は最後に「自分らしさを大切に」ともお話されていました。
今回のお話は性に関するものだけでなく、子どもたちと向き合うこちらの姿勢、また自分とは何か、自分の心と向き合う時間にもなりました。

心が生きる、とかいて「性」

子どもたちの未来が明るいものになりますように。

以上 スタッフAでした〜

次回3月11日(水)伊東厚子先生「卒乳と離乳食のお話」の例会は今年度最後の会になります。
詳細はまたおってお伝えします。

20200122133147a93.jpeg

自然育児の会流 防災術の様子

◯自然育児の会流 防災術の様子

近年、各地で地震や台風の大きな被害が続き不安を感じることも多いと思います。
そこで、2020年 最初の分科会は防災の事について「どんな対策をしているか」などメンバーと意見交換してみました。

まずは住んでいる家屋の条件で災害時に発生する問題が違うことが考えられるので戸建て組とマンションやアパート組に分かれて意見交換。

テーマは「1週間停電の中で過ごすとしたら?」です。
その時何が起きるか…
マンション組では
・受水槽から水が供給されない。
・立体駐車場から車が出庫できない。
・エレベーターが動かない。
戸建て組では
・冷蔵庫の物が悪くなる。
・洗濯ができない。
・掃除機が使えない。(地震時、割れた食器などの処理ができない)

いずれも住んでいる家屋が残っている場合ですが…

そして育児真っ最中の私達!
災害時、子どもと一緒の時間をどうやって乗り切るか…
この問題は悩みどころでした(^^;

他にも、停電するとお店のレジもストップすることから小銭の準備も必要などなど。
冬季や夏季でも様々な問題が想定されることがわかりました。

そして、その時必要になるものは?の意見交換では…
ゴミ袋は多種多様な使い方ができ、場所も取らず日常生活でも使うことから多く購入しておくとよいことがわかりました。

つくば自然育児の会では「食」や「日用品」選びに気をつけている方が多く、オススメの防災食や日用品の情報など交換ができとても参考になりました~

とにもかくにも2020年オリンピックyear…
災害なく平穏であることを願います。

1月例会のご案内

2020年、どんな一年になるのでしょうか(^^)本年もどうぞよろしくお願い致します!!

1月例会のご案内です。
【日時】1月17日(金)10:00~12:00
【場所】※なかよし館(つくば市立大曽根児童館)
つくば市大曽根447-3
https://www.nakayoshikan.net/facilitys.html
【内容】乳幼児からの性教育
【講師】中井聖先生(思春期保健相談士)

「赤ちゃんってどうやって産まれるの?」「どこから出てくるの?」そんな乳幼児の質問にどう答えますか?

乳幼児から母から子へ性について伝えることは出来ます。子どもが性に悩んだときに気軽に相談できるように、今から出来ることがありますよ。ぜひご参加ください。

例会終了後はいつも通り、お弁当を食べながらみんなでおしゃべりしましょう。
メンバーとの交流のなかで 日々子育てで悩んでいること、不安に感じていることetc どんどん発信していきましょう。色んな人と話す中で解決につながるはずです。

【お問合せ・お申込み】 つくば自然育児の会 tsukubamothering★gmail.com(新井)
← ★を半角@マークにして送ってください
12 | 2020/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

つくば自然育児の会

Author:つくば自然育児の会
こんにちは。
つくば自然育児の会は、赤ちゃんを母乳で育てることを基本に、より自然な子育てを考えていく母と子の会です。
茨城県つくば市で活動していますが、土浦、守谷、つくばみらい、常総、取手、美浦ほか、周辺市町村からの参加者も多い会です。

問い合わせ先:鈴木
tsukubaraisingchildren★gmail.
com
(★を@にして送ってください)

facebook:
「つくば自然育児の会」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示