FC2ブログ

分科会 味噌作りの様子

小野川交流センターにて味噌作り分科会を行いました。
今年は、参加者に事前に豆を煮たものを持ってきていただきました。

私も、前々日に豆を浸水し、前日朝から5時間ことこと煮ました。
それを鍋ごと持ち込みました。

20200212210854ad0.jpeg


昨年の分科会のレシピを参考に、
①豆を再加熱し、
②麹と塩を混ぜ、
③豆と②を混ぜ、
④ビニール袋に入れ、つぶす
⑤団子状にして容器につめてく
⑥平らにならし、ラップをし、落し蓋をする
といった手順で仕込みました。

豆を煮てから、熱いうちに麹と混ぜてしまったこと、
豆を潰しきれなかったこと

昨年よりも、なぜが水気が多いお団子になってしまったこと、
等々、一抹の不安がよぎりますが、なんとか時間内に仕込み終わりました。

豆をつぶす作業が、なかなか時間がかかり、家で孤独にやっていたら、私は心がおれてしまいそうだったので(軟弱)、今回おしゃべりしながら、楽しく作業できて助かりました!

20200212210904a61.jpeg
スポンサーサイト



2月はらっぱの様子

2月のはらっぱもポカポカ陽気になぁ~れ…
と思っていたけれど、天気予報は気温がグーット下がる予想。
でも行ってみると…
今日は風もなく穏やかなお天気で、ゴンタの丘の梅の木は先月よりもキレイな花を咲かせていました (^^

子どもたちが一番最初に集まるのは砂場~
みんなで、あれやこれや作って、楽しそうに「ごっこ遊び」しているぞぉー

その間に大人はお昼のメニュー「すいとん汁 (味噌仕立て)」の準備。
連日、天気がよく乾燥していたので集めた薪はよく燃えてあっという間に火起こし完了!

20200210121939fe6.jpeg


持ちより野菜が煮えた頃、持ちより味噌とごま油を加え、地粉と片栗粉を水で練ったすいとん生地をスプーンで落として生地が煮えたら食べ頃。

我が家で作るすいとん汁は醤油味だけど味噌味もおいしい!!
それに寒い時期に食べると更に美味しいですね~

お腹いっぱいになるとまたまた子どもたちは自然の中へ…
落ち葉の山で雪を降らせたり、落ち葉の布団に入ったりして楽しんでいました(^^

2月のだけど、少しずつ春を感じるゴンタの丘で、子どもたちと一緒に過ごす時間は貴重だなぁなんて思った1日でした(*^^*)

20200210121716290.jpeg

分科会「誉めてのばす子育てのヒント」の様子

お正月があっという間に終わり、もう節分ということにおどろきを隠せないスタッフSです、こんにちは。
今回、チェリークラブの南先生による「誉めてのばす子育てのヒント」分科会に参加してきました。

まず、チェリークラブにお邪魔すること自体が初めてだったので、おそらく分科会参加者であろう方を発見し、後をついていき(不審者)、無事さくら保育園さんの三階のチェリークラブにたどり着きました。

入って感動しました。
とっても明るく広々とした空間で、おもちゃも豊富なこと。
そして遊び方によってエリアが分別され、またおもちゃも片付けやすく細かく収納されていて、子どもがのびのび遊べるように工夫されていました!
3歳息子は、車大好きなので、車エリアへ吸い込まれて行きました。

お母さん方は、となりの部屋で先生のお話を聞き、子供たちは、自由に出入りできる状況だったので、母子ともにストレス少なく、しっかり先生のお話を聞くことが出来ました。

南先生のお話は、朝イチの映像あり、怒鳴らない子育ての技術の練習方法、質問への回答など、盛りだくさんでした。
自我がしっかり目覚め、口が達者になってきた息子との日常を、どこかで見られてたかなというくらい、あるあるなシチュエーションが例に出てきて、こう対応すれば良かったのかと、考えさせられました。
メモとりまくりました。

食事のとき、ものを倒したときの注意のしかたとか、まんま今朝起こりましたし、、。

反応は仕方がない、まずは深呼吸して、感情を落ち着かせる。
そして、共感的表現から、して欲しいことを具体的に伝える。
なかなか、この一連の対応をスムーズにできてないなあと反省しました。練習あるのみですね。

春から、息子は幼稚園に入るので、ホワイトボードに朝のしたくの一覧をかいて、できたら◯をつけていく、がんばり表のアイデアはとても良いなと思いました。
(息子用と言いつつ、忘れやすい私のためにも必要かと思いました、、。)


自分が今困っていることを、文に書いて、どう対応したら良いか、今回教わったCSP(怒鳴らない子育ての技術)に照らし合わせて、考え、実践してみたいと思います!

南先生、そして分科会を企画準備してくれたスタッフに感謝です。

1月はらっぱの様子

24日(金)、今年最初の はらっぱ開催!
前日の天気とは打って変わり朝から晴れてポカポカ陽気~
空を見上げると木々の隙間から暖かな日差しが…
本当に気持ちいい~
ゴンタの丘の梅の木はチラホラ花を咲かせていました(^^

20200126170653695.jpeg



子どもたちは、あちこち駆け回ったり、汲んだ水を砂場に運ぶ作業を何度も…
ここへ来るといつも泥だらけ~夢中で遊びます^^


今日のメニューは『ミネストローネ~米粉パスタを加えて~』
ってことでまずは煮炊きの準備開始!

前日の雨で湿った地面…
乾いた薪を集めるのに時間がかかるぅ~と心配したけどみんなで力を合わせるとあっという間に集まり着々と準備が進みました。

今年から煮炊きのエキスパート、なっちゃんがオーストラリアへ行ってしまい、どうなることやら~と思っていたけど、みんなで試行錯誤しながらなんとか火起こしができお昼頃にミネストローネ完成!!

持ちより野菜を昆布出汁で煮込み、味付けは自然塩だけ。
お肉無しのとてもシンプルなミネストローネだけどお野菜の旨味たっぷりで本当おいしかったぁー
二歳の娘は何度もお代わりしてました^^

2月のはらっぱもお天気になるといいな~

お腹も心も満たされた娘は、この後、グッスリ寝んねタイムに入りましたとさっ…


20200126170730ced.jpeg

1月例会の様子

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
2020年最初の例会は
「乳幼児からの性教育」

講師は誕生学アドバイザー、思春期保健相談士としても活躍されている中井聖先生。

先生は3姉妹のお母様でもいらっしゃり、ご自身の経験もふまえ子育てに関する思いや命のつながりを伝えていらっしゃいます。

先生の優しい語り口とわかりやすいお話の中で今回とても印象的だったものは

人生は自分らしく生きて、自分らしい失敗を沢山し、それでも自分は周りからも否定されることはない…という経験を積むこと。自分を大切にするためにも、嫌なことをはっきりNO!と言えるコミュニケーションがとても大切。

子どもたちのお手本は親。
夫婦のパートナーシップを大事にして、自分らしくこの人生を生きながら、幸せな大人の姿を子どもたちにみせていく。

人に迷惑をかけてはならない…のではなく、支え合いながら生きていく。

というものでした。
2歳8ヶ月の息子がいる私も、これから息子にさまざまな質問を投げかけられた時に、先生からご紹介いただいた本なども活用しながら、しっかりと「なぜ?」に向き合い、命を伝えていきたいと思います。

また質疑の時間では、
普段から子どもたちのちょっと気になる行動を相談したいと思っていたけれど、いざ誰に聞いたら良いんだろう??…と悩んでいたこと(卒乳後のおっぱいへの執着。プライベートゾーンに関すること。)などにお答えいただきました。
さまざま質問がメンバーから挙げられましたが、全てに通じるのは 子どもの行動を受け入れつつも、ママの気持ちもしっかり伝えることだと思いました。
いただいた回答のおかげで私自身も前向きに息子の行動に向き合えるようになりました。


先生は最後に「自分らしさを大切に」ともお話されていました。
今回のお話は性に関するものだけでなく、子どもたちと向き合うこちらの姿勢、また自分とは何か、自分の心と向き合う時間にもなりました。

心が生きる、とかいて「性」

子どもたちの未来が明るいものになりますように。

以上 スタッフAでした〜

次回3月11日(水)伊東厚子先生「卒乳と離乳食のお話」の例会は今年度最後の会になります。
詳細はまたおってお伝えします。

20200122133147a93.jpeg
01 | 2020/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

つくば自然育児の会

Author:つくば自然育児の会
こんにちは。
つくば自然育児の会は、赤ちゃんを母乳で育てることを基本に、より自然な子育てを考えていく母と子の会です。
茨城県つくば市で活動していますが、土浦、守谷、つくばみらい、常総、取手、美浦ほか、周辺市町村からの参加者も多い会です。

問い合わせ先:新井
tsukubamothering★gmail.com
(★を@にして送ってください)

facebook:
「つくば自然育児の会」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示