FC2ブログ

11月例会のお知らせ

11月とは思えないほど暖かい日が続いていますね。
そんな穏やかな陽ざしのような子育てが出来るヒント
一緒に学んでいきませんか?

【日時】11月16日(金)10:00~12:00
【場所】老人福祉センターとよさと
【テーマ】 怒鳴らない子育て
【講師】子育て支援センターチェリークラブ保育士 南雅子先生

『何回同じこと言わせるの』『この間も言ったよね』
こんな言葉、子どもに言ったことありませんか?
毎日の子育ての中で子どもが言うことを聞いてくれない時、
イライラしたり、落ち込んだり、悩んだり、
ついには感情を爆発させてしまった・・
そのような経験が全くないお母さんは存在しないのではないでしょうか。
子どもに対する親の言葉かけや行動を変えることで、
より良い親子関係を築いていくためのヒントを、
ロールプレイで実践しながら一緒に考えていきます。
同じことばかり注意してると思ったことはありませんか?
子供に伝わる言葉かけの技術を一緒に学びましょう。
ぜひ、お悩み体験談をご準備してご参加下さい!

【名札について】
受付にてガムテープに名前を書いて貼って頂いていますが、
今回はご自身のお名前ではなく、お子さま全員の名前と月齢を書き、
胸に貼ってご参加お願いします。
当日受付に見本を置きますので参考にして下さい。

※会場での飲食について※
会場は飲食可能です。
お腹がすきましたら、例会中でも、おにぎりやふかし芋など
食事でとるようなものを食べても大丈夫です。
他の子供が欲しがらないよう、市販のお菓子や甘いもの、
ジュース類の持ち込みはお控えください。
ご協力お願いします。

例会終了後はいつも通り、そのままホール内やお外で
お弁当を食べながらみんなでおしゃべりしましょう。
子育てに悩んでいるお友達、自然育児に興味のありそうなお友達もぜひお誘いください。
【申し込み】 3日前まで(見学料500円)
【問合せ・予約】 つくば自然育児の会 tsukubamothering★gmail.com(粟野)
← ★を半角@マークにして送ってください

筑波山近くの農園でミカン狩りをした帰り、平沢官衙遺跡で
お弁当を広げてピクニックを楽しみました。
ひとしきり芝生を駆け回って、座り込む2歳児。
シャッターチャンス!とばかりに、撮影しました。
こうやって気持ちよく外遊びできるのもいつまでなんでしょう。
冬が来るのが怖い、冷え性の母親でした。。。
2018年11月例会のお知らせ
スポンサーサイト

10月のはらっぱの様子

はらっぱには絶好のシーズンの一つが10月。
暑くもなく寒くもなく。湿気も少ないので木が乾いてて燃える。
そしてにっくき蚊はいない!

そんな好天に恵まれ、ゴンタの丘には20組を超える親子が集まりました。
2018年10月はらっぱ②

それぞれの月齢にあわせ、砂場で遊んだり、どんぐりや松ぼっくりを拾ったり。
ハイハイで土の感触を楽しむ赤ちゃんはいつ見ても愛おしい。

そして、10月のはらっぱは偶然にもハロウィン当日の10月31日。
お砂場着の代わりにと、かぼちゃの仮装で来た男の子もいました。
どうして子どもってこういうのを着ただけで可愛いんでしょう!
2018年10月はらっぱ①

今回のメニューは、ハロウィンぽさをすこーしだけ取り入れて、カボチャ入りのシチュー。
鍋は持ってきた野菜だけでギュウギュウ。
毎回いろんな野菜が入っているので、食べるのが楽しみ。
かぼちゃは大きいまま蒸したものを、鍋にダイナミックにイン!
潰しながら混ぜます。
2018年10月はらっぱ③

そして、最後の仕上げに牛乳も瓶丸ごとイン!
2018年10月はらっぱ④

アレルギーを考慮して、牛乳を入れる前に取り分けをし、ルウも米粉とバターで作りました。
2018年10月はらっぱ⑤

食べ終わると、今度は希望するメンバーで栗のイガ染め。
これについては、またブログで別にアップしますね。

最後の最後まで天候が良く、
お片付け後もママたちのよもやま話は尽きず、
いつもより、のんびりしたはらっぱとなりました。

最後の写真は、子どもたちのかわいいショット。
2018年10月はらっぱ⑥

同じくらいの月齢の子どもたちが集まると、
何となく盛り上がって遊びが始まる。
誰かが大きな声を出すとそれをマネして他の子たちも大きな声を出す。
誰かが回りだすと他の子も回りだす。
誰かが寝っ転がるとみんな寝っ転がる。
そんな遊びの発生を楽しく観察できました。
本当に子どもとは飽きない存在ですね。
来月のはらっぱも楽しく遊べるといいな!

【今後の予定】
11月の例会:11月16日(金)「怒鳴らない子育て」:南雅子先生@老人福祉センターとよさと
11月のはらっぱ:11月21日(水)10時~14時@ゴンタの丘

10月例会の様子

10月10日(水)は、「卒乳と離乳食の話」
というテーマで当会の顧問助産師である
伊東厚子先生にお話を頂きました。

たくさんの見学者の方も含め、
会員のママたちが熱心にメモを取りながら
話を聞いていました。
卒乳というと、一般的には1歳前後をめどに
行うもの、という情報が溢れています。
そのため、母乳をあげ続けたいお母さんは
少し肩身が狭い思いをしているケースが多いのが現状。
伊東先生は、兄弟がいる場合、今後の家族
計画、などなど様々な状況を鑑みながら
アドバイスをくださります。
そのお話を聞くにつれ、不安なママたちの
表情がホッと和らいでいくのを
見て取ることが出来ました。

IMG_314例会①
※話を聞き入りすぎて写真を取り忘れてしまい、
こちらは以前の例会のものになります。

最後の質問タイムは、だいたい30分の
時間を取るのですが、いつも盛況で、
日頃の気になる悩みを相談出来る貴重な時間。
自分の質問でなくても、他の人の悩みを聞くことが
育児に参考になることも多いんです。
私も、他の会員のママが指しゃぶりについて
質問していて、
その回答が爪を噛む娘にも当てはまるなと思い、
参考にしようと思いました。

今回特に心に留まったのは、
質問のやり取りの中で、伊東先生が
「まだ2~3歳なんだから小さいのよ」
とおっしゃった言葉でした。
卒乳も終わり、離乳食も完了すると、
何となく独り立ちというか、
赤ちゃんからは卒業したイメージで、
勝手に我が子を大人扱いしていたなと
反省しました。
まだまだ甘えたい年頃なのに、
無理に突き放したり、無茶な要望をして
いないか、日頃のやり取りを見直す
きっかけになりました。

このように、伊東先生のお話は、
自分にテーマがぴったり当てはまら
なくても、子育ての気づきやヒントをもら
えるので、ついつい聞き入ってしまう
魅力があります。
今回も、素敵なお話ありがとうございました!

【今後の予定】
10月のはらっぱ:10月31日(水)10時~14時@ゴンタの丘
11月の例会:11月16日(金)「怒鳴らない子育て」:南雅子先生@老人福祉センターとよさと
11月のはらっぱ:11月21日(水)10時~14時@ゴンタの丘

10月例会のお知らせ

日に日に涼しくなり、そろそろ紅葉もちらほら感じられる季節になりましたね。
10月例会は、大人気の卒乳と離乳食のお話です。

【日時】10月10日(水)10:00~12:00
【場所】ゆかりの森宿舎ホール
【テーマ】卒乳と離乳食のお話
【講師】伊東厚子先生

母乳で育ててきたけれど、今度は「いつやめるの?」なんて声が気になりだしちゃう。仕事に戻りたいし、次の子も考えてる。どうやってやめたらいいの?いつやめたらいいの?そもそもやめさせなくちゃいけないの?
おっぱいはちゃんと飲むのに、せっかく準備した離乳食を食べてくれない。周りのルールに振り回されて困っている。そんなママ、母乳で育てている子にそルールは違うのかもしれせん。

ママと子供が次のステップに進む「卒乳と離乳食のお話」聞いてみませんか?
講師は、当会の顧問助産師として20年以上に亘り、自然育児の観点から様々なお話をしてきてくださった伊東先生。基本的な母乳育児のお話も交えながら、卒乳と離乳食のお話をしていただきます。

※会場での飲食について※
会場は飲食可能です。
お腹がすきましたら、例会中でも、おにぎりやふかし芋など食事でとるようなものを食べても大丈夫です。
他の子供が欲しがらないよう、市販のお菓子や甘いもの、ジュース類の持ち込みはお控えください。
ご協力お願いします。

例会終了後はいつも通り、そのままホール内やお外でお弁当を食べながらみんなでおしゃべりしましょう。

子育てに悩んでいるお友達、自然育児に興味のありそうなお友達もぜひお誘いください。
【申し込み】 3日前まで(見学料500円)
【問合せ・予約】 つくば自然育児の会 tsukubamothering★gmail.com(粟野)
← ★を半角@マークにして送ってください

秋は、食欲の秋!ということで、笠間の新栗祭りに行ってきました。
雨にも関わらずものすごい人出。
娘と2人で出かけたので、迷子にならないように美味しいお土産を買うのに一苦労。
でも、私から離れず、お店の人にもあいさつする姿に成長を感じました。
ちょっと遠出の冒険談でした。
2018年10月_栗祭り

9月例会の様子

9月7日(金)に、東関東子育てサポートセンター代表
木村利行先生をお招きして、
「子どもと楽しみながらやる気を育てる遊び」をテーマに
お話を伺いました。

昨年は、「父子遊び」という分科会でお招きした木村先生を
今回はよりたくさんの会員さんに知ってもらいたい
ということで、通常の例会の中でお話をして頂きました。

まずは、映像を見ながら、先生の活動の中で
見守り続けてきた子どもたちの発達の過程を説明してもらい、
そのあとで、事前に受け付けた質問にお答えいただきました。
最後に、体を使った遊びのデモンストレーションをしてもらい、
予定を1時間程度オーバーする盛りだくさんの内容でした。

分科会でもたくさんの会員が先生のとりこになってしまうほど、
先生の魅力はなんと言っても、ご自身のお子さん、お孫さんに渡って
実践してきた教育現場のお話が、非常に具体的であること。
また、それらの教育を受けてきた皆さんがどのように成長したか
その後のお話もセットで聞けるので、とても納得感があるということ。

でも、私個人が改めて今回感じたのは、
何より先生が子どもが好きだということが、
全身からあふれ出ているということでした。
今回もデモンストレーションで、
子どもたちと様々な体を使った遊びを
実践してくださったのですが、
子どもと触れ合っているときの先生の笑顔は、
ものすごく輝いていたんです。
直感的に「この人なら間違いない!」と思わせる
人柄がにじみ出る笑顔に、
改めて子どもと日々関わり合えることの
喜びを感じさせていただきました。

2018年9月例会①
☆子どもと遊びのデモンストレーションを行う木村先生

2018年9月例会②
☆お母さんと子どもたちみんなでの遊びの様子

どうやら、今年度分科会を出来ないか?という話も
出てきているようなので、そちらも楽しみに、
また木村先生と会える機会を作れたらなと思います。

今後の予定
9月のはらっぱ:9月19日(水)10時~14時@ゴンタの丘
10月の例会:10月10日(水)ゆかりの森宿舎ホール
伊東厚子先生
10月のはらっぱ:10月31日(水)10時~14時@ゴンタの丘


10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

つくば自然育児の会

Author:つくば自然育児の会
こんにちは。
つくば自然育児の会は、赤ちゃんを母乳で育てることを基本に、より自然な子育てを考えていく母と子の会です。
茨城県つくば市で活動していますが、土浦、守谷、つくばみらい、常総、取手、美浦ほか、周辺市町村からの参加者も多い会です。

問い合わせ先:粟野
tsukubamothering★gmail.com
(★を@にして送ってください)

facebook:
「つくば自然育児の会」

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示